• HOME
  • 神奈川県 2019年(平成30年度) 公立高校入試 実質倍率の推移と出願・入試傾向の注目ポイント

神奈川県 2019年(平成30年度) 公立高校入試 実質倍率の推移と出願・入試傾向の注目ポイント

平成30年度は、募集定員総数43,043名に対して受験者数51,369名、全体倍率は1.19倍になり、平成29年度に比べて0.01ポイント減少しました。

[実質倍率]

平成30年度

受験者数51,369名/募集定員総数43,043名

全体倍率 1.19倍

平成29年度に比べて0.01ポイント減少。

コース別・学科別 前年度比較

単位制の専門学科 0.4ポイント上昇

全日制普通科・専門学科、単位制普通科 ほぼ横ばい

出願時の注目ポイント

2019人気高の傾向

  • 大学進学実績の高い高校
  • 国際系学科の高校

学校・地域ごとの出願傾向

いわゆる旧学区トップ校の人気は高く、例年通りの高倍率。

国際系の学科は人気。

このような出願傾向の特徴も踏まえて志望校選びをする必要があるでしょう。

入試傾向の注目ポイント

マークシート方式導入初年度である前年度と比較し、25.1点(500点満点)下がり、マークシート導入前と同水準となった。