• HOME
  • 神奈川 公立高校の種類(全日制・定時制・通信制)

神奈川 公立高校の種類(全日制・定時制・通信制)

全日制

中学校と同じように午前8時過ぎからから午後4時半程度までの日中に、1日約5時間~7時間の授業を受ける学習課程です。曜日はおおよそ平日(月曜日~金曜日、場合によっては土曜日も含む)になります。一般的に高等学校といえばこの課程を指すことが多いです。3年間の中から学び、卒業することを基本としています。
神奈川県の全日制の公立高校は139校あります。「神奈川の特色ある高校づくり(はいすくーる・わんだーらんど) > 課程・学科から高校をさがす」http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/tokushoku/hsw/kateigakka.html

定時制

夜間その他特別の時間帯、または季節において授業を行う学習課程です。1日約4時間の授業を受けて、4年間かけて学び、卒業することを基本としていますが、3年間で卒業することも可能です。
少人数のためじっくりきめ細やかに学べます。
夜間に授業が多いですが(夜間部)、近年になって、より多様な教育の機会を提供するために、新しい形態のコースも設置されるようになってきていまし。朝 (8:00 – 12:00) や昼 (12:00 – 16:00) に授業をする昼間二部定時制を新設したり併設する学校や、朝・昼・夜に授業を行う三部制の学校がその例である。昼間に授業を行う高校もあります。
神奈川県の定時制の公立高校は21校あります。「神奈川の特色ある高校づくり(はいすくーる・わんだーらんど) > 課程・学科から高校をさがす」http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/tokushoku/hsw/kateigakka.html

通信制

自宅での学習を中心に、通信による教育を行う課程のことです。
報告課題(レポート)と面接指導(スクーリング)により学習を進め、試験に合格することで単位が認められます。4年間かけて学び、卒業することを基本としていますが、3年間で卒業することもできます。卒業時に与えられる資格は、全日制・定時制と同じです。
自分の生活や学習スタイルに合わせて学べ、近年では自宅のネット環境を活用して学んだり、平日の昼間に登校して学習指導等を受けたりすることができる通信制高校もあります。
神奈川県の通信制の公立高校は2校あります(県立の通信制高校は横浜修悠館高等学校と厚木清南高等学校の2校で、生徒数は5,471人です。私立の通信制高校には清心女子高等学校、秀英高等学校、厚木中央高等学校があります。)。「神奈川の特色ある高校づくり(はいすくーる・わんだーらんど) > 課程・学科から高校をさがす」http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/tokushoku/hsw/kateigakka.html