• HOME
  • 神奈川県 2019年(平成30年度) 神奈川県公立高校入試 主な選抜基準の変更点

神奈川県 2019年(平成30年度) 神奈川県公立高校入試 主な選抜基準の変更点

6月12日 神奈川県教育委員会から2019年度 神奈川県公立高校入試 選抜基準の発表がありました。
昨年度との主な変更点は以下の5点です。

横浜翠嵐湘南柏陽・厚木の特色検査が「共通問題」と「共通選択問題」になる!

光陵に特色検査(スピーチ)がなくなる!

希望ヶ丘の特色検査比率が2から1に変更!

横浜国際IBコースで実技(口頭で英問英答)と自己表現検査(ペーパーテスト式)を実施!

希望ケ丘・平塚江南の自己表現検査(ペーパーテスト式)の試験時間が60分に変更!

自分の志望校と関係のある生徒さんは、かならず心にとどめておきましょう!
※その他にも、比率・重点化の内容が変更している高校があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各高校の細かな基準は、神奈川県教育委員会のHPで公開されています!
神奈川県教育委員会のHP
こちらのHPでは、全ての公立高校の選考基準が公開されてます。

上記の学校以外を志望される生徒さんも!
ぜひこの機会に神奈川県教育委員会のHPを確認してみましょう!

 

<神奈川県教育委員会HP>
「公立高等学校入学者選抜選考基準」の見方

例.横浜翠嵐の①選考比率と②特色検査を調べるときには…

①横浜翠嵐の選考基準の調べ方
神奈川県教育委員会のHPにアクセス
→”一般募集(全日制の課程)の選考基準 共通選抜”の普通科(クリエイティブスクールを除く)にアクセス
→上から2段目”第1次選考 比率”を見ると…
 「学習の記録(評定):学力検査:面接:特色検査=2:6:2:2」とわかります!

②横浜翠嵐の特色検査の調べ方
神奈川県教育委員会のHPにアクセス
→”特色検査の概要”の自己表現検査の概要にアクセス
→一番上の段
 「評価の観点 検査の概要」がわかります!

神奈川高校受験 まるわかり情報板では、引き続き神奈川高校情報のお役立ち情報を配信いたします!